人と人を繋ぐ架け橋

みなさんこんにちは!第2回オールフレンズポケカ運営のパルと申します。オールフレンズポケカ開催までの期間自分がこのブログを通じて、オールフレンズポケカの情報や、イベントまでの道のりを公開していきますのでお楽しみに!

まずは先日開催されたチャンピオンズリーグ2021横浜に参加された選手、ジャッジの方々お疲れ様でした!私はyoutubeさんでのLIVE中継を見ていましたが、どの試合も熱い試合ばかりで見ていて本当に楽しかったです。私は抽選に落ちてしまい出場することは叶いませんでしたが、次のチャンピオンズリーグ2021京都では抽選に当たるよう今から運を貯めておきたいと思います(笑)

私にとってのポケモンカード

さて、突然ですが皆さんは「ポケモンカードゲームとは何なのか」と聞かれたとき、どう答えますか?

今回開かれた横浜チャンピオンズリーグのような正式なカードゲームの競技であるといった解釈やポケモンが描かれたカードを集めたり、遊んだりする娯楽であるといった解釈、人によってその答えは多種多様であると思います。

そんな様々な答えがある中での私の答えは 「人と人を繋げる架け橋である」というものです。

「なぜ架け橋?」「そんなメルヘンなものじゃないでしょ」と思う方もいるかと思います。

ですが、私はこのオールフレンズポケカ、そして普段自分が活動させていただいているDiscordサーバー「ネットポケカ部」でその架け橋となる瞬間を何度も目にすることができました。今回は私自身が目にしたことを皆さんに共有し、知っていただければと思います。

オールフレンズポケカ

運営の裏話と通ずるところがありますがご了承ください(笑)

名前から見ても分かる通り今回のオールフレンズポケカは第2回となっており、対戦形式はチーム戦となっていますが、その前第1回オールフレンズポケカは個人戦で200人近くが参加した大規模イベントとなりました。その際はまだ私は運営ではなかったため、今回から運営メンバーになったのですが、運営となって活動していくにつれ自分自身が運営メンバー外の方と多く関わっていくこととなりました。Twitterでの大会告知や声掛け、ブログの投稿の内容に関する意見、質問、アンケート等を行っており、仕事量に関しては他の運営の方々と比べると少ないです。

ですがそれにも関わらず沢山の方と接点を持っています。もちろんTwitterやブログはSNSなので広がりやすいという点はありますが、この関わりはポケモンカードをやっていなければ絶対に生まれていなかったモノです。

【ネットポケカ部との出会い

ネットポケカ部にはポケモンカードの対戦を楽しむためにたくさんの人が所属しています。私もその目的で集まった内の1人です。ですが、実際に入ってみてネットポケカ部はただの対戦の場ではないということを知りました。もちろん日々対戦はしていますが、次の新弾のカードをみんなで考察したり、自分が使っているデッキについての相談をしたり、最近では頻繁に個人のプライベートの悩みについて相談したりもしています。そしてこれらの点に関しての凄い所が、いつ何時相談してもみんな快く相談に乗ったり、質問、意見に答えたりしてくれるところです。自分もこれまで数多くのことを相談してきましたが、全て快く意見を頂くことができました。そんな優しい人たちと私はこのネットポケカ部で会うことができました。

そしてそんなネットポケカ部に入るきっかけ、理由となったのは「ポケモンカードを楽しみたい」という思いです。先ほどお話ししたオールフレンズポケカでもポケモンカードを通じて沢山の人と関わりを持つことができました。

私はこれらの実体験からポケモンカードとは「人と人を繋ぐ架け橋」であると思いました。

このブログを読んでいただいた皆さんにとっての「ポケモンカード」がどういう存在であるか、是非ともお聞きしてみたいものです。今後もし私と話す機会がありましたらその時教えていただければとても嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました